ロシア語での数字・曜日・月について

今回はロシア語の数字の話です。ところがこれが結構難しいのです。なぜなら・・・・
いやな予感がしますね。そうです。活用するのです。まずは活用表を紹介しましょう。



ロシア語の数字
* 活動体(人・動物)の対格は生格と同じです。(合成数詞の末尾では主格に等しくなります)

いやになってきますね。最終的にこの表がスラスラ暗誦できれば、それにこしたことはないのですが、一日でそんな無理をさせることは不可能ですね。そこでまず1から10までの数字の男性形に絞り込んで、覚えてもらいましょう。

Оди́н アジーン
Два ドゥヴァー
Три トゥリー
Четы́ре チティーリ
Пять ピャーチ
Шесть シェースチ
Семь セーミ
Во́семь ヴォースィミ
Девять ジェーヴィッチ
Де́сять ジェースィッチ
以上が「基数(きすう)」と呼ばれる、数字の原型の形です。

英語とはまったく違う形に最初は戸惑います。そこでここではロシア語の数字のクリアの方法についてご紹介することにします。

まずどこまでの数字をクリアするか。
どんな数字もすらすら読みこなし、聞き取り、そして話せるということはすばらしいことには違いありません。でも無理やり詰め込んで、発音がむちゃくちゃになってしまったりしたら元も子もないですね。ですから最初に数字に出会った皆さんは今日のところは、1から10までの数字を覚えてください。

ではどうやって覚えるか。自分なりの語呂合わせを造って覚えるのです。
私の場合の例をいくつかご紹介することにしましょう。
ロシア語で英語のnumberに相当する単語は
номер ノーミル
と言います。数字の1はОди́нですから、「ナンバーワン」はロシア語で
номер оди́н ノーミル・アジーン

そうです。「飲めるオジン」。私はこんな語呂合わせをノートにおもいついたら書き込んで、覚えていきました。語呂合わせの方法はいろいろあるかとは思いますが、それをつくるのもまた勉強の楽しみの一つです。まずは1から10まで語呂合わせで覚えてください。

次が11から19を覚えます
11 アジーンナッツァチ одинадцать
12 ドゥヴィナーツァチ двенадцать
13 トゥリナーツァチ тринадцать
14 チティールナッツァチ четырнадцать
15 ピトゥナーツァチ пятнадцать
16 シスナーツァチ шестнадцать
17 スィムナーツァチ семнадцать
18 ヴァスィムナーツァチ восемнадцать
19 ジヴィトゥナーツァチ девятнадцать

この段階まで数字を覚えれば、大体の生活では困ることはなくなってきます。それに19までの数字を覚えることが出来た段階で、20以上の数字を覚えやすくなってきています。(数字の語根が頭にはいっているから)

これも語呂合わせにして覚えるのだなというのはその通りなのですが、覚えるべき数字の数が多くなってきたら、日常生活で出来るだけ数字を見たらロシア語で何と言ったかを思い出す練習をすることをお勧めします。覚えている数字の数が増えてきたら、日記帳の日付をロシア語で書くのもお勧めの方法です。

さて努力主義だけを言っていても仕方ないですから、ここで少しだけヒントを出しておきましょう。最近ある方がロシア語の単語の語呂合わせ専門の本をお書きになりました。私も手にとって見たのですが、文法を勉強しながらこの本で単語を覚えれば、すぐにネット上のロシア語の記事くらいは読めるようになります。一般の書店で販売されている本なので、自分で語呂合わせをつくるのが苦手という人は是非とも探して見てください。

ここでいくつか紹介してもいいのですが、著作権の問題もありますので、ここでは本の存在をご紹介するにとどめます。

さて日記に書くというお話をしましたが、日記に書くには月の名前と曜日が必要となってきますね。

ロシア語の暦
月の名前は以上となります。なんとなく英語の単語に似ていますね。英語に似ているということを使って覚えていくことになります。


ロシア語の曜日



以上が曜日の名前です。これは全く英語と異なる形ですし、単語も長くて覚えにくいですね。これらの単語についても先ほどご紹介した本には語呂合わせが見事に作られていました。是非とも手にとって見るべきでしょう。

さて今回は覚えるべき単語のご紹介でした。今日一日で全部覚えるのは大変です。まずは数字の1から10までを今日覚えるということにして、それ以上覚える余力のある人は月の名前を覚えて見てください

サブコンテンツ

このページの先頭へ